記事リスト

ゴミを燃料に

葉っぱ

基礎知識と注意点

バイオマス発電とは、動植物由来の有機性物質を燃やすことによって発電する方法です。石炭や石油といった化石燃料以外の生物資源を燃やすことにより行う発電方法であり、生ゴミや間伐材などのいわゆるゴミを燃料として発電することができます。そのためゴミの有効利用ともなり、カーボンニュートラルという考え方から二酸化炭素を増やすことなく発電できる地球に優しい方法として注目を集めています。また地域で出たゴミを活用できるため、エネルギーの地産地消が可能になるという点でも注目されています。バイオマス発電は間伐材やチップとした原料をそのまま燃やすという方法と、ゴミを分解して発生したガスを燃やすという方法があります。後者の場合はゴミを分解してガスを発生させるための場所が必要となるので、その場所を確保するという問題も出てきます。また、設置場所としては、原料が発生するところの近くかつ電力供給設備の近くである必要があります。原料が発生するところから遠いと運搬の費用や手間が余分にかかってしまいますし、電力供給設備から遠いと電気のロスが生まれるためです。バイオマス発電はゴミ問題やエネルギー問題を解決する手段として期待されていますが、場所の問題や初期費用の高さなどがネックとなり、日本での導入はまだそこまで浸透していません。ですが長い目で見るとバイオマス発電のような再生可能エネルギーを使うのは重要となってくるので、今後は導入が進むと考えられています。

RECOMMEND POST

店内

高いクオリティーが望める

名古屋市には、店舗デザインで実績のあるデザイン事務所がいくつも展開しているので、飲食店や物販店などの店舗展開を計画しているなら連絡を取ってみましょう。どこも真摯に話を聞いてくれるので、打ち合わせに先立ち明確な構想を提示できるよう準備しておくことをおすすめします。

フェンス

安く工事をするために

フェンスを作るならまずは見積もりが必要ですが、金額に変更がないことや、しっかりと地盤調査をしてくれるのかの確認をしたいです。加えて近隣の住人へのあいさつはもちろんですが、工事にかかる期間などの説明を行ってもらいましょう。

Copyright© 2018 ソーラーシェアリングを設置【農業を続けつつ太陽光発電も行う】 All Rights Reserved.