記事リスト

畑で電気を作る事業

ソーラーパネル

農業を続けながら発電

近年は自然との触れ合いを重視したライフスタイルの流行から農業への関心が高まっていますが、現実には多くの農家が経営の難しさや後継者問題などに直面しています。そんな中、農業経営の改善に役立つ可能性を秘めているとして人気を集めているのが、ソーラーシェアリングです。ソーラーシェアリングとは、農地を活用した太陽光発電事業です。農地を使った太陽光発電というと、耕作放棄地や保有する山林の斜面などに発電用パネルを設置するものと思われがちですが、ソーラーシェアリングの場合はちょっとユニークなスタイルを採用しています。それは、現在耕作中の農地に支柱を立て、架台を作ってそこにパネルを並べるというものです。つまり1つの土地で農業と発電事業を同時に行うのです。高さや間隔などをきちんと計算してパネルを設置すれば、その下で育つ作物にも十分な日照が得られることは研究によって明らかにされています。そのため、設置した農家には農業による収入に加え、売電による収入を得られるチャンスが生まれます。これがソーラーシェアリングが人気を集めている理由です。もちろん売電せずに電力を自家消費したとしても、その分の経済的メリットが得られます。従来、ソーラーシェアリングの設置は農地の転用に当たると見られて導入の手続きにはかなりの手間がかかっていました。しかし2013年には国が指針をまとめ、一定の要件を満たせば比較的簡単に設置できるようになりました。これを受け、現在では全国で普及の動きが広がっています。

RECOMMEND POST

店内

高いクオリティーが望める

名古屋市には、店舗デザインで実績のあるデザイン事務所がいくつも展開しているので、飲食店や物販店などの店舗展開を計画しているなら連絡を取ってみましょう。どこも真摯に話を聞いてくれるので、打ち合わせに先立ち明確な構想を提示できるよう準備しておくことをおすすめします。

フェンス

安く工事をするために

フェンスを作るならまずは見積もりが必要ですが、金額に変更がないことや、しっかりと地盤調査をしてくれるのかの確認をしたいです。加えて近隣の住人へのあいさつはもちろんですが、工事にかかる期間などの説明を行ってもらいましょう。

Copyright© 2018 ソーラーシェアリングを設置【農業を続けつつ太陽光発電も行う】 All Rights Reserved.