記事リスト

店内

高いクオリティーが望める

名古屋市には、店舗デザインで実績のあるデザイン事務所がいくつも展開しているので、飲食店や物販店などの店舗展開を計画しているなら連絡を取ってみましょう。どこも真摯に話を聞いてくれるので、打ち合わせに先立ち明確な構想を提示できるよう準備しておくことをおすすめします。

フェンス

安く工事をするために

フェンスを作るならまずは見積もりが必要ですが、金額に変更がないことや、しっかりと地盤調査をしてくれるのかの確認をしたいです。加えて近隣の住人へのあいさつはもちろんですが、工事にかかる期間などの説明を行ってもらいましょう。

葉っぱ

ゴミを燃料に

バイオマス発電は間伐材や生ゴミなどのゴミを原料とし、それらを燃やして発電する方法のことです。地球に優しい、エネルギーの地産地消が可能になるなどといったメリットがありますが、初期費用の高さや場所の問題などがあり日本での導入はまだ進んでいません。

ソーラーパネル

畑で電気を作る事業

ソーラーシェアリングは、畑などの耕作地に架台を設置し、太陽光発電パネルを取り付けて農作物の生産を行いながら同時に発電事業も手がけられるというシステムです。売電による現金収入を得ることで、農家の経営を改善させる効果が期待できます。

店員

上手な依頼方法

名古屋にある店舗デザイン業者を見つけたら、依頼する前にまずは何を担当しているのを調べましょう。下請けに回すところよりも、一社ですべてを行える業者が望ましいです。それ以外にも、長年店舗デザイン業務に携わっている業者ならなお良いです。

農地での太陽光発電

太陽光発電

一石二鳥のシステム

ソーラーシェアリングは、農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電パネルを設置するもので農業を行いつつ太陽光発電を行うものです。農地は法律で他の用途への転用が厳しく制限されており、特に大規模な太陽光発電を行うことはハードルの高いものでしたが、ソーラーシェアリングのように支柱を立て、農業を続けつつ太陽光発電も行うといったことは認められるようになっています。農業をする上で欠かせないのが太陽光ですが、太陽光が強すぎるというのは植物の種類によってはあまり好ましい状態ではありません。このため育てる植物によっては日よけをする必要がありますが、ソーラーシェアリングはその日よけの代わりとしても使うことができます。また太陽光発電パネルは完全に覆うのではなく隙間を開けて覆うだけなので太陽の動きによって畑にはまんべんなく日照が行われます。このため育てる植物によっては十分な生育が可能です。このため農業をしながら太陽光発電によって売電収益が得られるためソーラーシェアリングは一石二鳥のシステムです。一方でソーラーシェアリングを導入するさいにはそれが適したものであるか十分に検討する必要があります。ソーラーシェアリングの考えはあくまでも農業をしている土地に対して設置が許されているものであり、農業を行わずに太陽光発電による売電収益だけを得るということは許されていません。このため最低でも20年間は営農し続ける必要があります。

RECOMMEND POST

店内

高いクオリティーが望める

名古屋市には、店舗デザインで実績のあるデザイン事務所がいくつも展開しているので、飲食店や物販店などの店舗展開を計画しているなら連絡を取ってみましょう。どこも真摯に話を聞いてくれるので、打ち合わせに先立ち明確な構想を提示できるよう準備しておくことをおすすめします。

フェンス

安く工事をするために

フェンスを作るならまずは見積もりが必要ですが、金額に変更がないことや、しっかりと地盤調査をしてくれるのかの確認をしたいです。加えて近隣の住人へのあいさつはもちろんですが、工事にかかる期間などの説明を行ってもらいましょう。

Copyright© 2018 ソーラーシェアリングを設置【農業を続けつつ太陽光発電も行う】 All Rights Reserved.